アルコールはヘロイン、コカイン、大麻、タバコよりも有害である ~デビッド・ナット教授の研究結果から麻薬より危険な飲酒の社会的害を考える~

アルコールとタバコのどちらが有害か。

shutterstock_39900532

 

なんていう比較がされたりしますが、実はタバコよりも、さらにはヘロインやコカイン、大麻といった覚せい剤よりもアルコールのほうが有害であるという研究結果が海外医学誌で発表されていたのでご紹介します。

アルコールとタバコは、日本の法律で20歳以上なら飲酒も喫煙もできます。

DavidNuttもちろん20歳以下は、禁止されているので罰せられます。

成人のみとはいえ、日本の法律に触れない飲酒が覚せい剤よりも有害であるとはどういうことでしょうか。

今回、海外医学誌で発表された研究は、イギリスの精神科医および神経精神薬理学者であるデビッド・ナット教授率いる研究チームが数十種類の薬物を死亡率、依存度、精神への影響、社会的影響、家庭的影響、経済的コスト、国際的存在などのカテゴリに分けてそれぞれ数値化し、「個人的に有害な薬物」と「社会的に有害な薬物」としてまとめた結果であるというのが興味深いところです。

その結果、総合的にアルコールが最も有害であると結論づけているというわけです。

 

社会的に有害な薬物

ナット教授の研究結果によると、社会的に有害な薬物のベスト3として、1位アルコール、2位ヘロイン、3位クラック・コカインの3種類を挙げています。

社会的に有害な薬物というのは身体的に有害かどうかではなく、あくまで社会的に害を及ぼす薬物ということです。

1位はアルコール、そして2位と3位は非合法な麻薬です。

-shared-img-thumb-PAK86_pakenikoawakekomugiko[20141103211235_TP_V2位のヘロインには神経を抑制する作用があり、乱用すると強い陶酔感を覚えることから、このような快感が忘れられずに強い精神的依存に陥り、乱用を繰り返すようになることからヘロインを手に入れるために犯罪を犯したりするので社会的に有害といえます。

さらに、ヘロインは2~3時間ごとに摂取しないと、体中の筋肉に激痛が走り、悪寒、嘔吐、失神などの激しい禁断症状に苦しむこととなり、あまりの苦しさから精神状態に異常をきたし、社会に害を与えます。

3位のコカインには、神経を興奮させる作用があり、気分が高揚し、眠気や疲労感が感じられなくなりますが、その効果の持続時間が30分程度と短いため、精神的依存が形成されると、一日に何度も乱用するようになり、乱用を続けると幻覚などの症状が現れることによって自身や他人を傷つけることで社会的に害があるといえます。

cw1_1451そして1位のアルコールですが、よく考えてみると確かに飲酒する人口は他の薬物をはるかに凌ぎ、また、お酒で失敗した人という観点からも社会的影響、家庭的影響は大きいということは明らかです。

アルコールは、そのコストからも入手しやすく、他の薬物以上に乱用する危険性が常に付きまといます。

実際にアルコールは、羞恥心が薄れたり、時には興奮したり、精神的依存引き起こしやすく、依存症になると幻覚などの症状が現れることもあるなど、麻薬と同じ性質を多く持っています。

小さなことでいえば、二日酔いで仕事をやすんだりということも社会的に有害といえます。

また、死亡率、依存度、精神への影響という点についても飲酒運転による交通事故、泥酔状態による窒息死や溺死などを考慮するとこの順位にもうなずけるのではないでしょうか。

喧嘩によるトラブルや事件、さらに、飲酒運転による交通事故などは、社会にとって害があると考えられても不思議ではありませんよね。

 

個人的に有害な薬物

個人的に害のある薬物ということは自分自身の身体への害です。

結果は、1位ヘロイン、2位クラック・コカイン、3位メチルアンフェタミン(合成麻薬DOM)という、いずれも非合法の麻薬です。

-shared-img-thumb-PAK85_komugikowokyuuin20141103213420_TP_Vこれら麻薬の特徴として、精神的依存に陥ると高揚感や幻覚症状、やがて錯乱状態から自殺に至ることもあり、また身体的依存により激痛などの激しい禁断症状の苦しさから精神状態に異常をきたして自殺するといったことから死亡率が高いといえます。

また、これら麻薬を大量に摂取すると、呼吸困難に陥ったり、昏睡の後、死に至ることもあり、特に1位のヘロインは心身への影響が非常に強いことから、医学的な使用も一切禁止されている大変危険な薬物です。

個人的に有害な薬物という観点ではアルコールは、他の麻薬などの薬物に比べて軽いので合法とされているのでしょう。

 

総合結果

img_0これらのポイントを総合した結果によると、ここで問題なのが1位はアルコール(有害ポイント72)、2位はヘロイン(55ポイント)、3位はクラック・コカイン(54ポイント)という順位になっている点です。

他の有害ポイントは、タバコが26ポイント、覚せい剤が23ポイント、大麻が20ポイント、MDMAが9ポイント、LSDが7ポイント、マジックマッシュルームが6ポイントとなっています。

やはり、アルコールの社会的な害が強調されていますが、個人的、身体的にも麻薬と比較して害が軽いのであって、アルコール依存症の自覚率が低いことや、もし依存症に陥ってしまった場合、上記の麻薬と同じように身体に害があることから総合点でも1位となったのでしょう。

 

アルコールはヘロイン、コカイン、大麻、タバコよりも有害である まとめ

酒は飲んでも呑まれるなといいますが、その通りです。

違法薬物の乱用は非合法であり、絶対にしてはいけませんが、アルコールも薬物の一種ということを忘れずに適量を守って楽しむことが肝心です。

酒に呑まれてしまうと社会的にも個人的にも楽しい結果は得れませんから。

→飲酒は羞恥心を鈍らせる魔物! ~酔った勢いで失態を気にしない大胆な人間になる~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長
最期までブログを読んでいただきありがとうございます。 今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。 少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

    関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ