コーヒーと筋肉~カフェインは運動持続時間を延ばし疲労回復を促進する効果がある~

6c8035d0732783f3371fec4f7533285bコーヒーと筋肉とはちょっと意外な組み合わせですが、実は関連性があるということが最近の研究で分かってきました。

コーヒーに含まれているカフェインがその主因ですが、このカフェインが運動能力の向上に寄与しているということです。

 

運動の持続時間を延ばす働き

mfqdfwxbbgota0yafo5yoljzehotji58実験では、特に激しい運動から中程度の運動の際にその効果が発揮され、疲労までの運動持続時間が延びることが観測されています。

これは、カフェインの持つ脂肪組織の分解促進作用によるものと考えられています。

脂肪が分解されることで糖となり、これがエネルギーとして消費されるため、運動持続時間が伸びるということです。

マラソン選手の中には競技中の水分補給のためのオリジナルドリンクに、コーヒーを入れる人もいるそうです。

ちなみに、国際オリンピック委員会(IOC)は、2004年1月からカフェインを摂取禁止物質から除外しています。

 

筋肉疲労の回復効果

6b9ef35324e0d072f2b5aa131a59f691コーヒーの別の効果として、筋肉疲労の回復を促進することが挙げられます。

基本的に、筋肉の疲労を取るためには、代謝を活発にして細胞に酸素を十分に供給するとともに、必要な栄養素を素早く補給することが大切です。

加えて、運動の際に筋肉で作られる不要になった物質を、再び利用するものと利用しないものとに分け、不要なものは腎臓を通して体外へ排出します。

このメカニズムが筋肉の疲労を回復してゆくわけですが、コーヒーはこのサイクルをより活発にすることに貢献できるということです。

スポーツを楽しんだ後のコーヒーには、気持ちだけでなく筋肉のリラックス効果があるということになります。

 

体力の回復効果

aerjhgdhもうひとつ、コーヒーの効果をご紹介しましょう。

オーストラリアのある研究チームの調査によると、運動後に濃いコーヒーや栄養ドリンクを炭水化物と一緒に摂ると、体力の回復が早まるということが分かりました。

その調査では運動を終えて4時間後の時点で、カフェインを摂取した人は摂取していない人に比べて筋グリコーゲンの貯蔵量が66%も増加していたということです。

この筋グリコーゲンという物質は、運動中の筋肉の主要エネルギーとして消費されるものです。

これはつまり、カフェインを摂取することによって、その後の運動に必要なエネルギーをしっかり蓄えておくことができるようになるということを表わしています。

運動後、次の日に疲れを残したくないときには、食後のコーヒーが効果的ということですね。

 

カフェインのとりすぎには注意

1620655なお、栄養ドリンクの多くにもカフェインが含有されています。

これまでに取り上げたようなカフェインの効果によって元気が出ることの証拠とも言えるかもしれません。

ただ、カフェインの摂取にも健康のために適切な1日当たりの限度があります。

栄養ドリンクの中には、コーヒーの10倍以上もカフェインを入れているものもありますので、摂りすぎにならないようご注意ください。

 

まとめ

121648d070e92-2f97-4c0a-b19e-c065fcb535bc_m昔からコーヒーは眠気を覚ますために、さらには元気を出すために、そして時には薬としても用いられてきました。

様々な研究の成果が明らかになるにつれて、コーヒーの効果が科学的にも裏付けられてきたともいえそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長
最期までブログを読んでいただきありがとうございます。 今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。 少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

    関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ