コーヒー豆を知る!~コーヒー豆を理解して美味しいコーヒーを~

えもいわれぬ香りと芳醇なコク、そして苦味と上品な酸味。

コーヒーは、多くの人を魅了してやみません。

美味しいコーヒーを探し求め、それを飲むことに情熱を傾ける人も大勢います。

そこで、美味しいコーヒーをどうやって選んだらよいかを考えてみましょう。

 

全てのコーヒーは豆から

8533d6a52adedc79bfaa3a421a81c93c_s今回は、コーヒー豆の生産過程について取り上げたいと思います。

美味しいコーヒーも、元の姿はコーヒー豆、つまり農産物です。

品種もいろいろありますが、この豆の出来がコーヒーの味を左右しますし、栽培される土地によって味や風味が異なることも当然です。

それで、まずはコーヒー豆についての理解を深めてみましょう。

 

コーヒー豆ができるまで

・発芽から苗

hatuga苗床に蒔かれたコーヒーの種は、1~2か月程度で発芽し、まっすぐな茎が伸びてきます。

発芽からさらに2か月程度たってやっと双葉が現われます。

苗が30~40センチ程度に成長するのに半年ほどかかりますが、それまではポットなどに移して、直射日光を避けて大切に栽培されます。

 

・苗から木

コーヒーの苗qqqqqqqq_thumb30~50センチ程度に成長した苗は、1本ずつ丁寧に農園に植え替えられます。

それから3年ほどたつと、実ができるようになります。

コーヒー農園では2~3メートルの高さになるよう剪定して育てるのが一般的です。

4年目以降はなる実の量も増え、安定してきます。

この状態できちんと手入れをすれば20~30年は収穫が可能といわれています。

 

・開花

cherry種を蒔いて3年目くらいから花が咲くようになります。

コーヒーの花は白くて小さく、ジャスミンに似た淡い香りがします。

この時期は、農園全体が白い花と甘い香りに包まれ、独特の雰囲気を醸し出しますが、数日で花は散ってしまいます。

 

 

・結実

06276a83花が散ったあと、緑色の小さな実が現れ、6~8か月の時間をかけて赤く熟していきます。

赤く熟した丸いコーヒーの実は、サクランボに似ていることからコーヒーチェリーと呼ばれています。

 

 

・収穫

process_image07ほとんどの地域で、収穫は手作業で行なわれます。

人の手で一粒ずつ収穫することもあれば、熟した果実を棒切れなどで叩き落として収穫することもあります。

大きな農園などでは機械が使われることもあります。

 

 

・精製と乾燥

クリスタルマウンテン_4コーヒーの実から生豆を取り出す作業が精製です。

大型の水槽に実を漬け外皮を洗い取る水洗式(ウォッシュド)と呼ばれる方法で行なう農園もあれば、非水洗式(ナチュラル)で行なう農園もあります。

乾燥は天日乾燥または乾燥機によって行ないます。

このあたりの工程は、コーヒー豆の品質と味の決め手となるため、非常に重要です。

 

・選別

5乾燥した生豆は脱穀し、選別機で欠点豆を取り除いた後、大きさや形、比重などで等級に応じて分類されます。

その後さらに手作業で選別する、ハンドピックと呼ばれる作業が行なわれます。

 

 

・カップテスト

detail_1114_1439803126最後に味見、つまりカップテストが行なわれます。

各地の農協や工場などでカップテストが行われ、香りや味がチェックされます。

コンテストが開催されることもあります。

また、輸出規格に合致しているかも判別されます。

それから生豆はコーヒーの消費国へと輸出されてゆくことになります。

 

まとめ

このようにコーヒー豆ができるまでに、たくさんのことが行なわれています。

次にコーヒーを飲む時に思い出してみてください。

いつものコーヒーも、また違った味わいになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長
最期までブログを読んでいただきありがとうございます。 今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。 少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

   おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ