便秘と口臭|1日80円の人気サプリで解消

便秘になると口臭がキツくなる! 嘘のような本当の話しです。
自分の臭いというのは、なかなか気がつかないものですが、周囲の人は感じ取っているかもしれません。
便秘と口臭にどんな関係があるのか、悪臭を避けるために何をすればよいのか、まとめてご紹介します。

 

溜まった便が口臭のもとに

口臭長く便秘が続くと、口臭までキツくなります。
理由は単純で、体内に溜まった便が悪臭のもととなり、口臭となって体外に排出されるようになるためです。

便とは、身体に不要となってしまったものの塊です。
食べ物のカスと腸内細菌、剥がれ落ちた腸粘膜で構成されています。
そのため、体内に溜め込むと、悪玉菌の繁殖を許すこととなり、悪臭を発するスカトールとインドールという物質を作りだすこととなります。

食べ物のカスを腐敗発酵させてできる物質なので、相当な臭いになることが想像できますね。
悪いことに、口と腸という器官は、1本の道でつながっています。
そのため、腸で発生した悪臭が、口まで逆流し、口臭となって吐き出される可能性があるのです。

さらに便を排出せずにいると、悪臭の原因となる物質は、腸から吸収されて体内を巡るようになります。
そして、肺や汗腺などから体外へと漏れ出るようになってしまいます。
悪臭を含んだ物質が交じるため、便秘のときの肺からの呼気もキツくなり、体臭までも悪臭に変わってしまうのです。

便秘のときの悪臭は、おならの臭いに似ていると言われています。
呼吸をするだけでもおならの臭いを振りまくことになり、体臭からもおなら臭が立ち上ることになるなんて、できるだけ避けたい現象ですね。

 

便秘のもとを絶って口臭防止

口臭の原因が便秘である場合、防ぐには、もとを断つしかありません。
どんなにデオドラント用品を使用しても、体内に悪臭のもとを溜めこんでいる限り、後から後から臭いは立ち上ってくるのです。

まずは、溜まってしまった便を体外に排出するよう心がけましょう。
便秘を解消したら、再発しないよう、便秘にならない生活を送るよう気をつけます。
便秘の解消と予防には、いくつかの効果的な方法があるので、ご紹介します。

食生活を改善する

便秘を解消するためにも、予防するためにも、心がけておきたいのは食生活の改善です。
積極的に食べていきたいのは、なんといっても食物繊維ですね。
便の量を増やし、腸の動きを活発にする不溶性のものと、便を柔らかくしてくれる水溶性のものをバランスよく摂取すると良いと言われています。

ダイエット中など、食事量が少なくても、便秘になりやすくなるので注意しましょう。
根菜類などに含まれる不溶性の食物繊維で、量が増えるようにすれば、低カロリーでダイエットにもつながります。

また、腸内の善玉菌を増やすことも、便秘と口臭の改善に必要なことです。
ヨーグルトやぬか漬けなど、乳酸菌が摂取できる食べ物も口にするようにしましょう。
大豆ペプチドという成分を含んだ大豆製品も、善玉菌を増やしてくれます。
納豆や豆腐、豆乳などを、1日100gを目安に摂取すると良いとされています。

生活リズムを見直す

便意をもよおす時間帯は、朝です。
しかし、朝が忙しい人は、トイレに籠る時間を節約しようと我慢しがちです。
身体の自然な要求を無視してしまうと、便が溜まってしまいます。
腸内に滞留した便は、水分を失って硬くなり、体外に排出されにくくなってしまうのです。

早寝早起きを心がけて、便意が来るタイミングを逃さないようにしましょう。
きちんと朝食をとったり、軽い運動をしたりすることもおすすめです。
腸が刺激されて、排便しやすくなります。

朝一番に白湯を飲む

白湯朝一番に白湯(さゆ)を飲むと、より腸に刺激を与えることができます。
白湯とは、一度沸騰させたお湯を、50℃ほどの温度まで冷ましたもののことです。
インドの伝統医療でも推奨されていて、内蔵を温めることによって動きを活発にすると考えられています。

ポイントは、一気にゴクゴクと飲むのではなく、10分ほど時間をかけて飲むことです。
また、1回に200mlほど飲むのが適量です。
朝起きたら、まずお湯を沸かして冷ましましょう。
待っている時間は、洗顔や朝食の準備などにあてると良いですね。
急いでいるときは、冷たい水を入れたコップをレンジで1分加熱すれば、50℃前後の温度となります。

サプリメントを活用する

サプリメント食生活の改善や、白湯を飲むことなどに合わせて、サプリメントを活用するのも一つです。
善玉菌の働きをサポートする、忙しい朝でも簡単に摂取できる、便秘の原因を考慮した配合がされているなどのメリットがあるためです。

安易に下剤に走るのは心配ですし、放置しておくわけにもいかない便秘。
そんなとき、自然由来のサプリメントを使うことができれば、健康的に便秘が解消できますね。
ただし、どのようなサプリメントが合っているのかを、よく考えてから使用するようにしましょう。
選び方を間違えると、効果が得られないばかりか、損をしてしまうかもしれません。

 

便秘によく効くとウワサの「カイテキオリゴ」

便秘によく効くサプリメントといえば、「カイテキオリゴ」が有名です。
下剤や、乳酸菌を摂取できるサプリメントでも駄目だった場合、よくおすすめされるものですね。

じつは、便秘を即効で解消してくれるイメージがある下剤は、頑固な便には効かないことがあるんです。
1週間以上も便を溜め込んでいたり、慢性的な便秘だったりすると、下剤を飲んでも腹痛しか感じないケースが見られます。
激しい痛みに襲われるうえに、便秘が解消されない!という声もよくあります。

慢性的な便秘の場合、胃腸科の医師も、下剤はすすめないことがあるのだとか。
下剤が使えない場合、次にすすめられる可能性が高いのは、乳酸菌サプリメントです。
腸内の善玉菌を増やして、便秘を解消するための環境を整えることが目的です。

しかし、意外なことに、乳酸菌も万能ではありませんでした。
乳酸菌にはいろいろな種類があり、人によって合わないタイプがあるというのです。
乳酸菌サプリメントを購入して飲み続けても、自分に合っていなければ効果が得られず、全くの無駄になってしまいます。

1回1回は数千円で済みますが、自分に合った乳酸菌が見つかるまでハズレが続くと、出費がかさんでしまいますね。
無駄遣いは遠慮したい!と思うのであれば、確実性の高い方法を選ぶ必要があります。
その方法の1つが、『北の快適工房』が提供する「カイテキオリゴ」なんですね。

 

「カイテキオリゴ」が効果的な理由

『北の快適工房』が提供する「カイテキオリゴ」は、その名のとおり、オリゴ糖が摂取できるサプリメントです。
なぜ便秘にオリゴ糖?と、疑問に思うかもしれませね。

オリゴ糖には、腸内にいる、乳酸菌を始めとした善玉菌のエサとなり、働きを活性化させるという力があるんです。
もともと体内に持っている乳酸菌の数を増やす効果があるため、自分合った乳酸菌を探さなくても良いというメリットがあります。

しかし、それならスーパーで売られているオリゴ糖を、適当に飲んでおけば良いとも思うかもしれませんね。
確かに、オリゴ糖であるので、選んでみるのも1つです。
ただし、純度が低かったり、添加物が多量に含まれていたりする可能性も高いのです。

「カイテキオリゴ」が効果的な理由は、ほぼ100%という純度の高さと、北海道産のテンサイから抽出した自然由来のものだからです。
しかも、複数のオリゴ糖を組み合わせることで、30種類以上のビフィズス菌を活性化できるという優れものとなっています。
実際に、米国財団法人の「野口英世研究所」が品質を保証し、病院の医師からも高い支持を得ている一品です。

 

「カイテキオリゴ」の飲み方は

カイテキオリゴ「カイテキオリゴ」は、公式サイトなどから簡単に注文することができます。
1回の購入で、1ヶ月分(150g)の製品が届けられます。
また、より効率よく使えるようにと、製品の詳細が説明された「カイテキオリゴ読本」、毎日の排便がチェックできる「カイテキダイアリー」などのセットも梱包されてきます。
手元に届くまでの時間は、2日ほどでした。

気になるカイテキオリゴ本体は、粉末状態となっています。
純度ほぼ100%のオリゴ糖なので、見た目もほぼ砂糖ですね。
純度が高いため、1日わずか5gという摂取量で効果を発揮してくれます。
付属の計量スプーンを使えば、すぐに適量も分かります。

飲み方は自由で、そのまま口にしても良いですし、砂糖のように飲み物に混ぜてもOKです。
コーヒーに入れる人もいれば、ヨーグルトに混ぜる人もいます。
変わった使い方では、料理に混ぜて使う人もいますね。

飲む時間帯も、とくに決まっていないため、飲みたいときに飲めば十分です。
朝、昼、夜のどのタイミングでも問題ありません。
好きなように飲めて、効果を発揮する自由さが、人気の秘密です。
ちなみに味は、ほんのり甘いていどなので、甘い物が苦手な人でもスルリと飲むことができますよ。

 

「カイテキオリゴ」を飲んでみて

では、実際に飲んでみた感じはどうなのかというと、さすがに下剤のような即効性はありませんでした。
オーソドックスに、朝食のヨーグルトに混ぜて食べてみましたが、とくに大きな変化は起こりません。
口にした10数分後に、腸がキュルキュル動く感じはしましたが、排便には至らずじまいでした。

次の日も、相変わらずヨーグルトと一緒にカイテキオリゴ。
すると、2日目にして、便意がやって来ました!
1日前に食べたオリゴ糖を栄養に、1晩かけて乳酸菌が繁殖してくれたのでしょうか。
このチャンスを逃すまいとトイレにこもったところ、とくに頑張るでもなく、出てくれました。
かなりしっかりと。

1週間以上も出てくれなかった、あの苦労は何だったんでしょうね。
腹痛を感じるでもなく、出口が痛むでもなく、するりといきました。
まさにカイテキ!
名前に恥じない働きをします。
これはもう続けるしかないと、3日目も4日目も、愛飲しました。

もちろん、その日からは便秘知らず、便の様子にも変化がありました。
便秘続きのときの便は、黒っぽいうえに臭いもキツかったのですが、カイテキオリゴを飲み始めて6日目からは黄色くなったんです。
しかも、臭いがしない!

あまりにも驚いたので理由を調べてみると、善玉菌が豊富な便は、色も黄色くなるし臭いも薄くなるのだとか。
これは、腸内に善玉菌が行きわたったと考えても良いですよね。
最終的には、1ヶ月分のカイテキオリゴを飲み尽くして、様子を見てみることにしました。
腸内の環境が整ったのなら、サプリメントなしでもイケるかも!と思ったからです。

結果は、大満足と言えるものでした。
飲むのをやめた次の日も、2週間以上たった今でも、お通じ事情はカイテキそのものです。
思い切って飲んでみて良かった!と、実感させてくれるサプリメントですね。

まあ、お通じ事情が改善しても、予防しておくに越したことはないので、1個ぐらいストックしておきますけどね。
毎日とはいかなくても、ちょいちょい飲んで、腸内の善玉菌を助けてやらねばと思います。

 

「カイテキオリゴ」を飲むときの注意点

「カイテキオリゴ」を飲むときに注意した方がいいのは、コーヒーなどの飲み物に、少し溶けにくいということです。
カップの底の方に溜まってしまうと、腸内に取り込めないので、よく混ぜてから飲むようにしてくださいね。

また、私の場合は、2日目で変化がありましたが、効果が出るまでには個人差があります。
ネットの口コミをチェックすると、「初日から効果があった!」という比較的早いグループと、「10日間飲み続けてやっと出た!」という遅めのグループがいます。

しかし、時間差はあっても、オリゴ糖は腸内で立派に働いてくれています。
便秘に悩んでいる人は、一度試してみるのもいいかもしれませんね。
他の便秘解消法と比べても、かなり手軽にできるのでおすすめですよ。



便秘と口臭の関係 まとめ

腸内に溜まった便の臭いが漏れ出て、口臭になるなんて驚きですね。
市販のデオドラント用品では太刀打ちできない臭いなので、便秘を解消するしかありません。
食生活の改善や、生活リズムの見直し、朝一番の白湯など、解消法や予防法はいろいろあります。

しかし、できるだけ腸内の善玉菌をサポートして、解消と予防に努めたい!という人は、「カイテキオリゴ」を試してみると良いかもしれませんね。
身体に合う合わないを気にせずに、快便生活を目指すことができてしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ