オー・ミステーク事件(日大ギャング事件)~山際啓之の思わぬ流行語大賞~

年末も近づくと、1年間の世相を反映した、さまざまな言葉が新語・流行語大賞として選出されますよね。

「オー・ミステーク!」、ある事件をきっかけに、こんな流行語が人々の口にのぼった年がありました。

オー・ミステーク事件とも、日大ギャング事件とも呼ばれた出来事です。

 

オー・ミステーク事件の概要

山際啓之事件が起こったのは、昭和25年9月22日のこと。

日本大学の職員3名が、総額191万円の職員給料を輸送中に襲撃され、現金を強奪されるというものでした。

強奪犯の山際啓之(やまぎわひろゆき)は、日大本部の運転手として勤務していた当時19歳の少年でした。

 

「ヘイ・ストップ!」

現金を輸送していた日大職員の車は、大学に戻る途中、山際啓之少年に呼び止められました。

輸送車の運転手は、山際少年が同じ大学に務める同僚であったことから、気軽に停車し同乗を許してしまいます。

しかし、山際少年のへの信頼は、最悪の形で裏切られることになります。

山際少年に、ジャックナイフを突きつけられ、大手町労働省前で停車させられる運転手。

3名の職員のうち、1名は右首筋を切られ重傷。

他の2名も車から放り出され、現金191万円は、車とともに強奪されてしまいます。

その後、丸の内署に通報が入り、強奪犯の捜索が始まります。

大手町の富士銀行前に乗り捨てられた車が発見されますが、山際少年の足取りは途絶えてしまいます。

 

オー・ミステーク事件の顛末

山際少年が、日大の現金を強奪した事件の背景には、同大学文学部教授の娘、Sさん(当時18歳)との交際問題がありました。

教授に娘との交際を反対されていたことから、二人の逃亡資金として、事件を計画したのです。

山際少年は、日大運転手の業務をしていたことから、給料の輸送ルートを把握。

9月22日に犯行に至りました。

犯行後、Sさんと夫婦を装いながら、逃亡生活に入ります。

そして、日系2世のアメリカ人と称して、東京・品川区に部屋を借りることに成功。

Sさんとの同棲を始め、服飾品やダブルベッドなどの購入で、わずか2日間で30万円を使い込みました。

この時、二人の住む下宿の大家が、ボストンバッグの中に大金が入っているのを目撃します。

現金強奪事件の犯人ではと疑った大家が、警察に通報したことで事件に終止符が打たれました。

事件開始から2日後の9月24日のことです。

山際啓之警察に逮捕される際、山際少年は、Sさんに向かって「オー・ミステーク!」と手を広げて連発します。

この言葉はメディアを通して一躍、流行語となりました。

「オー・ミステーク事件」と呼ばれるようになった由来です。

山際少年は、取り調べにおいても英単語を交えて供述するなど、アメリカ人に対する憧憬が並外れて強かったと言われています。

裁判の結果、山際少年には懲役7年以下の不定期刑。

ともに逃亡したSさんには、懲役2年・執行猶予3年の判決が下されました。

 

まとめ

オー・ミステーク事件は、大卒の初任給が4千円ほどの時代の出来事。

未成年の起こした衝撃的なこの事件は、戦後の反社会的な若者による犯罪を意味する、「アプレ・ゲール犯罪」として有名です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長

最期までブログを読んでいただきありがとうございます。
今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。
少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ