小湊に伝わる大蟹伝説~津波を起こし村人を襲う~

青森の小湊といえば、昔から白鳥の渡来地として有名です。

遠浅の海岸に、シベリア方面から渡ってくる白鳥の、のどかな風景が想像できますね。

しかし、この小湊には、大蟹にまつわる不思議な民話も伝わっています。

白鳥の見せる平和な風景とは異なる、少し血なまぐさくて、悲しい話です。

 

津波のあとに現れた大蟹

カニイメージある年、青森の小湊に悲劇がおとずれました。

大きな津波が来襲し、さまざまな被害を受けたのです。

しかし、それは本当の悲劇の幕開けに過ぎませんでした。

波に建物をさらわれ、更地になった陸上に、一匹の巨大な蟹が現れたのです。

八尺(約2.4m)の甲羅に、長大なハサミと脚。

身体すべてを含めると、全長5mはあろうかという大蟹です。

生き残った村人たちは、この大蟹こそが津波の原因であると考えました。

それぞれ棍棒を握り、瓦礫を手にして、大蟹へと打ちかかります。

怒りに燃えた村人と大蟹の戦いは、それは激しいものでした。

あと少しで討ち果たせるほどに、憎い大蟹を追い詰めた村人でしたが、あと一歩のところで海に逃げられてしまいます。

しかし、この争いは、ここで終わることはありませんでした。

後日、村の男たちが漁に出ている合間に、再び大蟹が現れたのです。

戦うすべのない女子供が犠牲となり、その場で、巨大なハサミに、チョキンチョキンと首を落とされていきました。

先日の恨みを晴らさんとばかりに、小湊を荒らし回る大蟹。

陸の上は、女子供の流した血で、真っ赤に染まったと言います。

漁を終えて帰ってきた男たちの悲しみは、いかほどだったのでしょうか。

変わり果てた家族の姿に、ただ呆然とするばかりだったのかもしれません。

やがて男たちは、命に変えても大蟹を討伐することを決意します。

来る日も来る日も、海をにらみながら、大蟹が再び姿を現すのを待ち続けたのです。

 

討伐の結果は

仇の大蟹を待ち続ける男たち。

ある月夜の晩に、ついに陸上にあがった大蟹の姿をみつけます。

総力を挙げての戦いで、大蟹の右のハサミを叩き落とすほどに追い詰めますが、それでも仕留めきることはできませんでした。

大蟹は、片腕になりながらも、海ヘと逃げおおせていったのです。

陸に残された、右のハサミは、大人の手を二つ合わせたものよりも大きかったといいます。

次こそはと、気合を入れる男たち。

終わりのない戦いが続くのかと思われましたが、この出来事は、意外な結末を迎えることとなります。

総力をあげての戦いから数日後、丘の上にたてられた、女子供の墓の前に大蟹が姿を現したのです。

遠巻きに見つめる男たちの前で、ボロボロになった大蟹は、墓に向かって詫びるように、泡を吹きながらじっとしているだけだったのです。

まるで泣いているかのような姿に、男たちの胸には、悲しく侘しい感情が湧き上がってきました。

そして、誰からともなく「もうやめよう・・・」とつぶやき、泣きながら大蟹を眺めるだけとなりました。

やがて大蟹は、のっそりと身体をもちあげ、寂しげに海へと戻っていったといいます。

 

小湊に伝わる大蟹伝説 まとめ

小湊では、その後も津波が来るたびに、大蟹が姿を見せたと言われています。

落とされたハサミは再生し、その都度、漁師たちと争ったそうです。

墓の前で泣くように詫びていた大蟹が、なぜたびたび津波を起こすのか。

いまだその謎は明らかにされていないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長

最期までブログを読んでいただきありがとうございます。
今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。
少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ