SSエアフィールド号~ノアの方舟は実在したかも知れない~水上に浮かぶ森

海賊船船の墓場に廃船置き場、そんな異名を持つ場所に廃棄された船の姿とは、どのようなものなのでしょうか。

幽霊船のような佇まいを想像する方も多いかもしれませんが、期待を裏切る姿の船が存在します。

その名は、SSエアフィールド号。

緑の森を積んで海に浮く、神秘的な船です。

 

SSエアフィールド号の誕生と死

オーストラリア国旗SSエアフィールド(SS Ayrfield)号は、1911年にイギリスで誕生した蒸気船に名付けられた名前です。

1912年からは、石炭を輸送するために、オーストラリアのシドニーとニューキャッスルの間を運行していました。

第二次世界大戦中に入ってからは、太平洋地域で活動するアメリカ軍に、物資を運ぶ補給船として活躍したと言われています。

戦後には、再び石炭輸送船に戻り、退役の時まで運行を続けました。

1972年に、シドニーの西にあるホームブッシュ湾(Homebush Bay)にて解体されることが決定。

船の墓場とも言われる場所で、SSエアフィールド号以外にも、多くの船が廃棄されてきた湾です。

しかし、バラバラに解体される時を待つばかりであったSSエアフィールド号は、なぜか途中で放棄されることになりました。

船の形を留めたまま、役目を終え、静かに眠りの時を迎えたのです。

 

生まれ変わったSSエアフィールド号

ホームブッシュ湾で眠りについたSSエアフィールド号。

他の多くの廃棄船と同じように、ただ朽ちてゆくだけに思われていました。

当時のホームブッシュ湾は、工業地域に囲まれていたため、環境汚染が進んでいました。

汚染の状況は深刻で、一体の海では漁が禁止されるほど。

もちろん、SSエアフィールド号自体も、巨大な産業廃棄物。

自然環境に良い影響を与えるものではなかったはずでした。

だからこそ、廃棄され40年以上たったSSエアフィールド号の姿を目の当たりにした人間は、揃って自分の目を疑ったことでしょう。

SSエアフィールド号湾に浮かぶ、朽ちたはずのSSエアフィールド号。

その背には、石炭の代わりに、神秘的な緑の森が積まれていたのです。

うっそうと茂るマングローブの森、そこに息づく昆虫や両棲類の営み、SSエアフィールド号が「水上に浮かぶ森」として生まれ変わった瞬間でもありました。

2008年には、「工業と自然の共生を象徴するもの」として、後世に伝えるための運動も起こり、修復作業なども行われました。

現在では、シドニーの有名な観光スポットに名を連ねています。

 

SSエアフィールド号~ノアの方舟は実在したかも知れない~水上に浮かぶ森 まとめ

かの有名なノアの方舟では、ノアの家族と動物たちが船に乗り、洪水を生き延びたと言われています。

SSエアフィールド号は、緑の森を積み静かに海をゆく、植物の方舟なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長

最期までブログを読んでいただきありがとうございます。
今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。
少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ