橋北中学校集団水死事件~黒い人間が私たちを引きずり込んでいった~

一人また一人と水底に引きずり込まれる悪夢のような光景。

昭和30年に、36名もの学生が、遠浅の海で集団溺死するというショッキングな事件がありました。

引率者の不手際、潮流の異常、事件の原因としてさまざまな説が流れました。

しかし、生き残った学生の一人は、こう証言したのです。

「黒い人間が私たちを引きずり込んでいった」と・・・

 

水泳訓練へと向かった学生たち

事件が起きたのは昭和30年、三重県津市の遠浅が続く海岸での出来事でした。

約660名の学生が7月18日から28日にかけて、学校行事の一つである水泳訓練に参加していたのです。

日程のほとんどは何事も無く過ぎてゆき、訓練は平和そのものに終わるかに見えました。

異変が発生したのは、訓練最終日である28日。

海に入っていた100名ほどの学生が、身体の自由を失い、次々と溺れっていったのです。

引率者が懸命に救助にあたり、地域の警察や病院も救援に駆けつける事態となりました。

しかし、必死の救助活動にも関わらず、36名もの命が返らぬものとなりました。

穏やかに見えた遠浅の海で、何故このような事件が起こったのか・・・

生き残った中学生に証言を求めると、世にも恐ろしい体験が明らかとなりました。

橋北中学校集団水死事件

 

 

黒い人間が迫ってきた

「Aさん、あれ見て!」

海で泳いでいたAさんは、悲鳴のような友人の声を聞き、沖の方を振り返りました。

視線の先には、離れた場所から順に、一人また一人と海の中に引きずり込まれるように消えていく同級生の姿が・・・

しかし、Aさんが見たものはそれだけではありませんでした。

こちらに向かって迫りくる黒い人間の集団・・・目を凝らしてよく見ると、防空頭巾をかぶった女性らしき人たちが、波の上を滑るように移動し、近づいてきているのです。

あっと思った瞬間には、Aさん自身も海中に引きずり込まれていました。

誰かが足を引っ張っている・・・!意識を失う寸前にAさんが見たものは、自分の足を掴んで放さない、防空頭巾をかぶった無表情の女性でした。

この後、Aさんは救助され、運良く息を吹き返すことができました。

しかし、肺炎を併発したため、30日ほど入院することに・・・病院のベッドの上で、「亡霊が来る・・・亡霊が来る・・・」と、うわごとを繰り返していたと言います。

 

空襲の犠牲者

実は、津市の海岸で起こった奇怪な出来事は、集団水死事件だけではありませんでした。

7月になると奇妙な死に方をする人が、その後も相次いだのです。

釣り人が理由もなく沖へ沖へと進んでいき、海中に消えてしまった事件。

一人海岸を歩いて人が、行方不明となり死体が打ち上げられる事件・・・

過去の出来事を調べてみると、集団水死事件の日から遡ることちょうど10年、昭和20年7月28日に津市はB29の大編隊に襲われていたことが分かりました。

空襲で亡くなった犠牲者の数は250人、このときの死体の大半が、海岸に埋められたというのです。

Aさんが目撃したのは、防空頭巾をかぶった女性の集団・・・それは成仏しきれなかった空襲の犠牲者の姿だったのかもしれません。

 

橋北中学校集団水死事件~黒い人間が私たちを引きずり込んでいった~ まとめ

痛ましい事件が相次いだ津市の海岸。

この後、死者を慰霊するための女神像が建てられ、海を見守っています。

犠牲となった人々の心が慰められる日が来ることを願いながら・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長

最期までブログを読んでいただきありがとうございます。
今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。
少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ