レジ袋の有料化は更にゴミを増やす|無能な企業によくある偽善

スーパーのレジ袋レジ袋が資源だと言って節約を促す小売店が増えています。
山梨県や東京都内でもレジ袋の有料化計画が進められています。
これは環境保護活動の一環で、無駄な消費を抑えることで環境に配慮しようという団体の影響です。
しかし、これらの団体の脳の中身は「悪い噂を流してお金を得る」ことしかなく、非常に頭の悪いものです。
いかに経営者や従業員が無能かがわかりますね。

環境保護活動は必ず別の環境を破壊します。
ひとつの物事を保護するとき必ず他を犠牲にしないと守れないからです。
森林伐採を保護することによって花粉症が生み出されたように、必ず犠牲を伴います。

今回はレジ袋、無能な会社は社会的評価を受けたいがために資源保護を行います。
しかし、その資源を保護するために失うものが多いことをわかっていない所が無能なのです。

 

レジ袋の節約

レジ袋レジ袋を節約すれば、その原料となる石油の消費が抑えられるという考えから保護活動が行われています。
石油は限りある資源と言われていますので保護するのです。
脳みそがないから新たな資源を発見することができず、目に見えるものを保護している無能さ。

実は新たな資源はいくつも発見されています。
これに目を向けて更に開発するほうがよっぽど良いお金の使い道だと思うのですが、無能な企業はこれができません。
なぜなら環境保護活動をしている「体裁」がほしいだけで、環境保護の事なんて全く考えていないからです。

 

レジ袋の有料化

これ自体は悪くないと思います。
レジ袋が要らないという方は10円でも安くなれば良いのかもしれません。
しかし、必ず他の袋を買うことになります。
袋がないとゴミにも出せないし、結局袋を購入することになりますね。
エコバッグを購入したり、ゴミ袋を購入したり。

レジ袋を節約するとどうなるでしょう。
当然、他の袋が売れますよね。
しかも、持って帰るだけなのでなるべく安いもの。
こんなものは大抵ゴミになるものです。
レジ袋に代わる新たなゴミが大量生産され、大量のゴミを生むだけです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長

最期までブログを読んでいただきありがとうございます。
今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。
少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ