無差別殺人犯・宅間守の動機|附属池田小学校襲撃事件

大量殺人は数あれど、子供たちを狙った無差別殺人ほど悲惨な事件はないだろう。
平成13年6月8日、池田市の大阪教育大学附属池田小学校で事件は起こりました。

午前10時15分頃、池田小学校の前に車を停め、手に包丁を持って学校内に侵入したのは宅間守(当時37歳)でした。
宅間守は真っ直ぐに目の前の校舎に向かい、一番近くにあった教室「二年東組」の扉を開けます。
二時間目の授業が終わったあとだったので、子供たちは「誰だろう?」と思ったに違いありません。

授業が終わった直後だったこともあり、教室にいた先生が宅間守の手に包丁が握られていることに気づいたといいます。
その瞬間、先生が「外へ逃げろ」と叫んだが、逃げ遅れた児童から片っ端に包丁で刺したのです。
宅間守はそのまま「二年西組」、「二年南組」、「一年南組」を襲撃して死亡した子供は8人、重傷者は子供が13人、教師が2人の計15人を出す悲惨な現場となりました。
切りつけられながらも宅間守を取り押さえたのは学校の先生たちでした。

このときの様子を宅間守は「どれだけ壮絶であったか、自分の着ていた服でわかった」と言ったといいます。

 

子供を狙った無差別大量殺人の動機とは

宅間守宅間守の前科は11犯とも13犯とも言われており、借金で首が回らず、ローンやアパートの家賃も滞納するという暮らしぶりだったといいます。
どこに行っても嫌われ者だったらしく、職場でも悪者扱いされ、すぐに解雇されていたという。
また、中学生の頃からうつ病だったと言われており、大量殺人に至るまでの犯罪も壁に頭をぶつけたり、妙なことを口走ったり、異常な行動をみせ、精神疾患と偽って逃れたものもあったといいます。

犯罪を犯すには十分な動機なれど、殺人事件となると、もっと大きな動機があったと考えるのが普通じゃないでしょうか。
その動機は社会に対する恨みにありました。

池田小学校襲撃の動機について宅間守はこのように供述しています。

「大量に人を殺すような事件を起こせば(前妻が)私と知り合ったことを後悔するだろう」

「私の苦しい思いを、できるだけ多くの人にわからせてやろう」

ここで前妻が登場します。
宅間守は4回の結婚・離婚を繰り返していました。

「ワシばかり、何故こんな目にあうのか」

逃げた前妻のせいにして、自分の苦悩をみんなに味わわせてやろうと考えたと供述しています。

社会に対して一番効果的に恨みを晴らすにはどうすればいいか、ということをしきりに考えるようになったといいます。

「ダンプで大量に轢き殺してやろうか」

「女子高生をさんざん犯しまくってから皆殺しにするか」

「スチュワーデスを切り刻んでやるか」

というようなことを考えに考えた挙げ句、弱い者=小学生をターゲットに決めたといいます。

犯行を終えた宅間守は「捕まえられるまで刺し続けるつもりでした。できるだけ、多くの人を刺そうと考えていた」と供述しています。

 

罪なき子供たちを殺害した後悔からか

精神疾患を装っていた宅間守もついに犯行を認めます。
当時の供述調書(2001年6月11日)によると、自分のやったことを認めると、なぜかわからないが急に涙が止まらなくなったといいます。
事件を後悔しての涙ではなく、精神疾患を押し通せなかった悔しさからの涙であったという。

しかし、7月3日の犯行現場での実況見分では、宅間守は最初に襲撃した教室に入る前に手を合わせていたと、当時の捜査員の写真とメモがのこされているそうです。

「最初の教室に入る前に手を合わせました。自分のやった現場に入るのが、恐かったし、申し訳ないという気持ちがありました」

メモには宅間守はこう供述したと記されていました。

2004年9月14日、犯行から3年と3ヶ月の後、死刑執行されました。
今となっては、最後まで悪態をつき、真意を語らなかった宅間守の心中を伺うことはできません。

 

このカテゴリーの記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ