杉原杏璃の結婚相手|音楽出版会社の仕事

杉原杏璃さんが結婚報告を自身のブログでしました。
杉原杏璃といえば10年以上の株式投資キャリアを持つ「株ドル」として知られるグラビアアイドルです。

結婚の相手は音楽出版会社の代表取締役といいますが、どの会社のどんな方がお相手でしょうか。
音楽出版会社といってもイマイチピンとこないのではないでしょうか。

今回は杉原杏璃の結婚相手のお仕事、音楽出版会社についてご紹介してみようと思います。

杉原杏璃のブログでのコメント

応援してくださっている皆様及び関係者の皆様へ
私、杉原杏璃は以前よりお付き合いさせて頂いておりました、音楽出版会社の代表取締役の方と、今年10月20日に入籍致しましたことをご報告させて頂きます。
すぐに皆様へご報告をしたかったのですが、諸般の事情から難しく、お互いの関係者の方々に相談をして、入籍を済ませたうえで、発表は機会をみてさせて頂くというカタチで進めておりました。
彼とは知人を介して知り合い、長い間友人として私を支えてくれていました。
彼の少年のような真っ直ぐな気持ちに寄り添うように、結婚を意識するようになり、本日こうして皆様にご報告できる事をとても嬉しく思っています。
16歳でこの世界に入り、今もこうしてお仕事を続けてこられているのは応援してくださるファンの皆さん、そしてスタッフの皆さんの支えがあってこそだと思っています。
本当に感謝の言葉しかありません。
今後のお仕事につきましては、今までと変わらず続けていく所存です。
お仕事の面でも、女性としてもまだまだ未熟ですが、皆さんからご指導をいただき夫婦支え合って明るい家庭を築いていけたらと思っています。
どうか温かく見守って頂ければ幸いです。
これからも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年10月26日
杉原杏璃

 

音楽出版会社とは

音楽イメージでは杉原杏璃の結婚相手のお仕事である音楽出版会社とはいったいどんな仕事をするのか調べてみました。

音楽だけに限りませんが、作品には「著作権」というものがあります。
簡単にいえば、「作品を使用する権利は作者のものですよ」ということです。
これは、著作権法という法律で守られており、他人の作品を使用する場合は著作者の許可を得なければなりません。
中には著作権フリーという無料配布できるものもありますが、著作者の許可を得るためには一般的に使用料を支払います。

音楽における著作権を管理しているのがJASRAC(日本音楽著作権協会)です。
楽曲の著作権はJASRACが管理し、徴収してくれますが、だれにも使ってもらえなければ著作権使用料は発生しません。
楽曲を使ってもらうには宣伝が必要です。

楽曲が録音されたCDを売るためにレコード会社は宣伝しますが、音楽出版会社は楽曲そのものを使用してもらうために宣伝するのです。
こういった楽曲はCDだけではなく、イベントやドラマ、映画、テレビ番組、ラジオなど様々な形で使用されます。

楽曲の宣伝やプロモーションを行うことが音楽出版会社の仕事です。

 

杉原杏璃はどの音楽出版会社の社長!?

音楽出版会社の代表取締役といっても杉原杏璃を射止めたのはいったいどの会社でしょうか。
この会社を絞り込めば誰だかわかりますが、そう簡単にはいきません。

音楽出版会社はたくさんあるのです。
例えばドラマなどで使用されることは頻繁にあるため、テレビ局が音楽出版会社をもっていることがほとんどです。
NHKは日本放送出版協会、フジテレビはフジパシフィックミュージック、日本テレビは日本テレビ音楽、テレビ朝日はテレビ朝日ミュージックなどがそれです。

また、大手レコード会社映画会社、さらに芸能プロダクションでも音楽出版会社を持っていることがあり、ひとくちに音楽出版会社といえども多数存在するのです。

このなかで、杉原杏璃の結婚相手がどの出版会社の誰だか特定できませんが、いずれ紹介される日まで楽しみにしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長

最期までブログを読んでいただきありがとうございます。
今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。
少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ