自律神経失調症|マヌカハニーで強い体質をつくる

マヌカハニーは、マヌカの花の蜜から作られる蜂蜜です。
強力な殺菌作用をもつ蜂蜜は、古代から医療薬としても活用されてきました。
しかし、蜂蜜の中でも特別なマヌカハニーには、殺菌作用のほかに、自立神経失調症を改善する効果を秘めていると言われています。
知られざる、マヌカハニーの力をチェックしてみましょう。

 

自律神経失調症とは

文字どおり、人の体内にある「自律神経」のバランスが「失調する」症状のことです。
慢性的な倦怠感や眠気といった全身の症状を始め、動悸や不整脈といった心臓の不調、理由のわからないイライラや不安感といった心の不調など、さまざまな症状が引き起こされます。

自律神経のバランスが乱れることで引き起こされる症状は、一つだけでなく、複数を同時に発症することも珍しくありません。
身体的にも、精神的にも辛い症状です。

 

自律神経失調症の原因は

自律神経失調症いまのところハッキリとした原因は、明らかにはされていません。
しかし、最も有力な原因の一つとして考えられているのが、過度なストレスです。
人間関係などの社会的な悩みに加えて、身の回りの環境の変化、感情処理の未熟さなど、さまざまな要因が考えられます。

通常であれば、人の神経は、交感神経と副交感神経をうまく機能させることによって、バランスを保っています。
しかし、長期間ストレスを感じる環境が続くと、ふとした拍子に機能が制御できなくなってしまいます。

また、生活のリズムが乱れたときも、制御ができなくなることがあります。
就寝や起床の時間が不規則であったり、夜型の活動が多くなったりすると、バランスが乱れやすくなってしまうのです。

人の身体は、朝の光で交感神経にスイッチが入り、日が暮れると副交感神経に切り替わるようになっています。
この切り替わりがうまくいかないと、慢性的な倦怠感に襲われるようになり、失調症の兆候が現れると言われています。

放置しておくと、うつ病となってしまう可能性もあるため、早い段階で対処していく必要があります。
自律神経失調症には、いくつかのタイプがあるため、それぞれに適応した対処法が必要となるのです。

 

タイプ別の原因と特徴

自律神経失調症は、主に「神経症型・心身症型・抑うつ型・本態性」の4つのタイプに分類することができます。
それぞれの原因と特徴について見てみましょう。

神経症型の原因と特徴

ストレスが原因で自律神経のバランスが乱れる失調症だと考えられています。
ストレスに敏感で感受性も強いため、体調が精神状態に引きずられて不調を感じるタイプです。
症状としては、めまいや肩こりなどが挙げられます。

ちょっとした感情の変化から、症状が出たり改善しにくくなったりするのも、神経症型の特徴です。
ノイローゼの人にも、似たような症状が現れるため、区別が難しいと言われています。

心身症型の原因と特徴

職場や家庭内の人間関係や問題など、日常生活におけるストレスが原因だと考えられています。
精神と身体の両方に、症状が現れるタイプです。
報告される自律神経失調症の多くは、心身症型だとされています。

まじめな人ほど陥りやすく、周囲のために努力しようという気持ちがきっかけになってしまいます。
心身症型を、さらに細かく分類すると、器質性心身症と機能性心身症の二つに分かれます。

抑うつ型の原因と特徴

心身症型の症状が進行することと、抑うつ型の失調症と診断されます。
こちらも、転職や引っ越しといった日常生活におけるストレスが原因とされているようです。
抑うつ型は、頭痛や倦怠感といった身体的な症状に、精神的なうつが隠れていることが特徴です。
こだわりの強い人や、完璧主義な人ほど陥りやすいと言われています。

診断が難しく、軽度のうつ病や更年期障害と判断されてしまうことがあります。
そのため、対処が遅れて、長期的に症状に悩まされる人が多いタイプです。

本態性の原因と特徴

生まれつき、自律神経が乱れやすい体質が原因で、失調症の症状が出やすいタイプです。
心理的なストレスはあまり影響しないので、体質そのものを改善する必要があります。
虚弱体質であったり、低血圧であったりする人は、注意が必要です。
生活習慣を見直すことで、改善される可能性があります。

 

自律神経失調症とマヌカハニーの関係は

マヌカハニーのもととなるマヌカは、オーストラリアやニュージーランドに生息する樹木です。
マヌカは、マオリ語で「癒しの木」または「復活の木」という意味を持ちます。
通常の蜂蜜よりも、高い殺菌作用を持つことで有名ですが、自律神経失調症に作用する効果も持ち合わせています。

自律神経失調症に作用するマヌカハニーの効果は、「身体の免疫力アップ」、「ホルモンバランスの正常化」、「高いリラックス効果」の3つです。

自律神経失調症の原因は、主にストレスです。
マヌカハニーを摂取してリラックスすることで、根本的な原因を緩和させることができると考えられています。
また、マヌカハニーは、精神を安定させるというセロトニンの生成を助けるので、相乗効果が期待できます。

また、善玉菌を増やし、腸内の環境を整える効果があります。
マヌカハニーが持つ整腸作用は、倦怠感といった症状に対しても役に立つのです。
胃腸の調子を整えることは、疲れにくい体作りにつながります。

マヌカハニーを継続的に摂取することは、自律神経失調症に強い体質にすることにつながります。
医薬品のような即効性はありませんが、予防と症状の緩和という意味では、期待できますね。

体質や症状の改善を目指す場合、マヌカハニーは、そのまま食べるよりも牛乳といっしょに摂取するようにしましょう。
セロトニンの生成を効率よくするだけでなく、良質な睡眠をとるために必要なメラトニンの生成もサポートします。
うつ病や不眠症といった症状にも、対応できるようになるのでおすすめです。

マヌカハニーの他の効能
⇒ マヌカハニー~優れた栄養成分と5つの効能~

 

自律神経失調症|マヌカハニーで強い体質をつくる まとめ

自律神経失調症は、主に4つのタイプに分類されますが、その多くはストレスが原因だとされています。
マヌカハニーの持つ、リラックス効果やセロトニンなどの生成サポート効果は、予防や改善にうってつけですね。

蜂蜜なので、手軽に摂りやすいのも嬉しいポイントです。
「最近ストレスを感じている」「倦怠感などの気になる症状がある」という人は、毎日の摂取で、自律神経失調症に強い体質を目指してみましょう。

関連記事:

⇒ はちみつの効能・効果【咳止め・ダイエット・美容】
⇒ マヌカハニー ~優れた栄養成分と5つの効能~
⇒ マヌカハニー ~副作用の危険性と上手な選び方~
⇒ マヌカハニーとプロポリスの違い ~症状で使い分ける効果的な食べ方とは?~
⇒ MGO400+マヌカハニーの殺菌力|体内から消毒するほど強力
⇒ マヌカハニーの抗菌効果|リンパの腫れにも効果的!
⇒ コーヒーに入れる砂糖には要注意!マヌカハニーがおすすめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ