ヴィクター・フランケンシュタインの日記~青年が没頭した解剖学~

21世紀の現在、医学の進歩によって、人は頭部移植手術に着手するまでになりました。

別々の遺体の頭部と体をつなげた事例は衝撃的ですが、18世紀に人体のパーツをつなぎ合わせ、命を与えようとした医学者がいたと言われています。

怪物「フランケンシュタイン」の生みの親、ヴィクター・フランケンシュタインです。

 

怪物「フランケンシュタイン」とは

フランケンシュタイン怪物「フランケンシュタイン」は、1818年に発表された小説に登場した、巨人の怪物のことです。

後に映像化されたことで、イメージが定着し、知名度も上がりました。

しかし、「フランケンシュタイン」は、正確には怪物を示す名前ではありません。

彼を生みだした医学者、「ヴィクター・フランケンシュタイン」のものです。

小説「フランケンシュタイン」の主人公である、スイス生まれのヴィクター・フランケンシュタイン青年。

若干17歳という若さで、ドイツの大学に留学し、自然科学の研究に意欲を燃やしていました。

やがて、研究にのめり込むあまり、狂気の実験に手を出してしまいます。

死体のパーツをつなぎ合わせ、命を与えようと考えたのです。

結果、実験は成功し、身長8フィート(約2m44cm)の怪物が誕生することになりました。

明確な知性を宿すが、おぞましい姿をもつ怪物。

生みの親の青年でさえ、その姿に恐れをなし、怪物を捨ててスイスに帰国してしまうほどでした。

取り残された怪物は、知性があるがゆえに、自分の醜い姿が人々に恐怖を与えることを理解してしまいます。

人との交流を求めるも孤独に苛まれ、ついにはスイスのフランケンシュタイン青年を訪ね、自分と生涯を共にできる女性型の怪物の作成を懇願します。

願いが叶えられれば、人のいない土地で静かな生活をおくると提案しますが、青年が新たな怪物を作成することはありませんでした。

怪物は怒りに狂い、青年の友人や家族を、次々に殺していくようになります。

そして、怪物と青年、互いに復讐を果たすための戦いの幕が開けるのです。

 

実在していた?ヴィクター・フランケンシュタイン

フランケンシュタインの日記 (学研ホラーノベルズ―MOVIE MONSTERセレクション)怪物の生みの親、ヴィクター・フランケンシュタインは、実在の人物であったという説があります。

その根拠となるものが、18世紀に書かれたという「ヴィクター・フランケンシュタインの日記」の存在です。

この日記によると、ヴィクター・フランケンシュタインは、ドイツのインゴールシュタット大学で解剖学を学んでいた青年でした。

解剖学に没頭していた青年は、いつしか小説と同じように、死者に新たな生命を与える研究に取り憑かれていきます。

日記には、墓場や死体置き場などから、死体を盗み出して実験を行っていた様子が記されていました。

「二ヶ月ほど子宮内で育っていた胎児の死体を手に入れた。輸血を行なうも、途中でうたた寝をしてしまい、目覚めたときには恐ろしい光景を目の当たりにした。二倍もの大きさに膨れあがり、形が崩れてスポンジのようになった胎児だ。血管が透けて、体内のあちこちでうごめいているのが見えた。」

この他にも、墓場のウジだらけの死体から臓器を切り取る様子。

手や脚、鼻や目玉などの人体のパーツをつなぎ合わせていく様子などが続きます。

しかし、脳の作業が困難を極め、なかなか新しい命を与える段階にたどり着かない毎日・・・

焦りを覚えたフランケンシュタイン青年は、新鮮な脳を得るために、越えてはいけない一線を飛び越えてしまいます。

「1774年4月21日。弟子とともに、森で遊ぶ子どもを攫ってきた。背後から棒で殴り、意識を失った子どもを担いで運んでいると、遠くから母親が子どもを呼ぶ声が聞こえた。」

罪の意識を覚えるも、実験の誘惑に負け、攫ってきた子どもを殺してしまいます。

新鮮な脳を摘出し、あらかじめ身体を組んでいた人造人間の頭部に移植します。

しかし、その結果は、あまり思わしくないもののようでした。

「明日はもっと強い電流を流そう。そうすれば、体内の眠っている力が蘇ることだろう。手術はすべて完了した。しかし、終わってみるとどうだろう、科学者としての喜びよりも、人としての罪の意識に押しつぶされてしまいそうだ。なんと恐ろしいことをしてしまったのか・・・」

その後の実験の結果は、知ることができません。

日記が、ここで終わっているためです。

 

ヴィクター・フランケンシュタインの日記~青年が没頭した解剖学~ まとめ

フランケンシュタイン青年の狂気の実験。

成功し、新たな生命を与えられたのか。

失敗し、更なる犠牲者を増やしたのか。

罪の意識に耐えかねてしまったのか・・・真実は、闇の中に消えたままです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あかん店長

最期までブログを読んでいただきありがとうございます。
今後も話題のネタを提供していきますので当店で珈琲を飲みながらくつろぎのひと時をおすごしいただけたら幸いです。
少しでも共感していただけたらSNSでシェアをお願いします。

コメントを残す

スポンサードリンク

サブコンテンツ

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ